中古車をオークションで売却するためのメリット

オークション代行業務 >> 中古車をオークションで売却するためのメリット(資料④)

高く売れます!!!

車買取店は買取った車を中古車オークションに出品し、利益を得ています。
そのため、買取価格はオークションでほぼ確実に売れると判断した見込み価格から、必要な粗利を逆算して決定されます。
買取店は、家賃、人件費、広告宣伝費など、多額の経費がかかっているため、必要粗利は10万円/台以上となっております。
一方、当店では2、3万円/台の利益に設定しているため、買取店よりも7万円以上は多くお支払いできる可能性が高いです。
また、オークションでの落札価格は、実際には見込み価格よりも高くなることが多いため、当店ではその分も上乗せとなります。
従いまして、当店ではほぼ確実に、買取店よりも7万円+(オークション落札価格-当初見込み価格分)多く代金のお支払いができるということになります。

全国対応可能です

全国の中古車オークションの中から、最もお客様にとって有利な会場をアドバイスさせていただきます。

落札価格を知ることができます

買取店では当然のことながら絶対に教えてもらえませんが、オークション代行では、落札価格を知ることができます。
愛車がいくらで売れたのかは、やはり気になると思います。
当店では、オークション会社発行のオークション計算書をお客様に公開しており、万一当店が計算書を偽造した場合は、契約により車両代金の2倍の金額をお客様にお支払いすることになっております。

確実に名義変更を行います

オークションは、厳格なルールに基づき運営されております。
名義変更は通常落札日の翌月末には完了しますが、万一落札日から3ヶ月経っても名義変更がなされない場合は、7日ごとに1万円の違約金をお支払いいたします。